女子駅伝、途中で走れなくなった選手がタスキを繋ぐため四つん這いになり前進。感動と非難、二つの意見。

スクリーンショット 2018-11-02 2.33.02

愛美
今回のこの女子駅伝での
アクシデントは
ネットで様々な声が
あがっていました。

・今日のプリンセス駅伝、四つん這いで250m這ったのは右足首骨折だったのかぁ
行動と責任感は賞賛するけど、これからは走れなくなったら這うなんてことが当たり前にならないといいな
棄権なんて責任感が足りない!過去には這って襷を繋いだ選手もいるんだぞ!にならないといい

・プリンセス駅伝みた?血だらけで四つん這いになってた女の子、すごいよね?
ふつうはできんよねぇ・・・。チームのためにここまでやるかって、ウルウルしちゃったですよ。ほんとに。

・岩谷産業の2区の飯田選手が四つん這いで両膝から流血し、襷を繋ぐシーンを見て凄く感動したのですが、
ネットでは批判的な意見もかなり有り私の感覚が時代遅れなと思ってしまいます。


かるあ

感動の声も
多くあがっていましたが
止めるべきだ
という批判の声も
ありました。

愛美
飯田選手は、
右脛骨の骨折で
全治3~4カ月と診断され
福岡県内の病院に
入院しました。
かるあ

走りたいという
選手の気持ちを優先するのか
選手の安全を優先するのか
簡単なようですが
その判断は
難しいですね。