格闘家 「山本“KID” 徳郁」、早すぎる死に「タトゥーが原因」の憶測。

スクリーンショット 2018-10-02 13.30.03

かるあ

そして
ガンが治らなかった
原因として、
全身の「タトゥー」が
問題だったという意見が
出ていました。

関係者の話では、2年前に病気が発覚し、グアムで治療中だったという。
そのときの様子が写真週刊誌『FRASH』に掲載されたが、
車椅子に乗るやせ細った姿を見たファンからは、驚きと心配の声が上がった。

「消化器系のガン治療のためグアムで闘病生活を送っていたといわれていますが、
最先端の医療を受けるなら日本にいた方がよかったのかもしれません。
また、山本は全身に多数のタトゥーを入れていることから、
それが原因で肝炎から肝臓がんになってしまったんじゃないかと憶測する声もあります」
(芸能記者)

引用元:http://npn.co.jp/sp/article/detail/53377159/


愛美
山本KIDさんは
ファンにガンである事が
バレないように
グアムで闘病生活を
送っていたのですが、
それもあまり
良くなかったようですね。

実際にタトゥーの顔料には磁性体を含むものがあるため、MRI検査をしたときに過電流が発生し、
ヤケドの恐れがあることから“不可”とする病院もあるという。

山本が頑張っていたガン治療に関しては、病気の進行具合なども含めて詳しいことが発表されていないため、
推測の域を出ないが、タトゥーが何らかの形で関係している可能性も少なくないだろう。

引用元:http://npn.co.jp/sp/article/detail/53377159/

View this post on Instagram

MGM a.k.a magome

Kid Yamamoto originalさん(@kid_yamamoto)がシェアした投稿 –