フィギュアスケートの安藤美姫さんの現在が、悲惨な事に。「独特すぎる解説で・・・。」

スクリーンショット 2018-02-13 14.56.23

愛美

どうやら安藤美姫さんは
抽象的な表現ばかり
していたのだそうです。

男子シングルのパトリック・チャン(27)=カナダ=の演技では「このコーナーで…これ!」と表現。
さらに曲に合わせて「ハレル~ヤ~」と歌いだす。
羽生結弦(23)=ANA=の演技解説では「ココからのコレですね」で周囲が戸惑う中、さらに「からのココ」。宇
野昌磨(20)=トヨタ自動車=の演技で4回転ジャンプに入るまでにターンを入れることで難易度が上がることを解説する際には
「ココからの…ココからの…こ~の感じ」。
坂本花織(17)=シスメックス=の連続ジャンプでは、背景にある看板の文字を突然読み上げ始め、出演者一同はあ然。
MCを務める古舘伊知郎(62)らが補足しながら質問を投げかけると、それぞれの演技に対し説明ができるものの、
自身の言葉では抽象的な表現の連続だった。

引用元:http://www.sanspo.com/pyeongchang2018/news/20180209/pye18020920090071-n1.html


かるあ
これはちょっと
解説になっていませんよね。
愛美
何て言うか
言葉にして解説するのが
苦手な方なのでしょうか。