小学4年生の算数!簡単そうで難しい…!あなたはこの問題が解けますか?

20290_01

愛美

それでは、正解を発表しますね。

先ほど求めた大きな正方形の一辺の長さ(12センチ)を元に、各正方形の一辺の長さを求めていきましょう。

小さい正方形

12-8=4

長さ12センチから、小さい正方形の一辺を除いた長さが8センチ。ということは、一辺が4センチということがわかります。

中くらいの正方形

12-3=9

同様に中くらいの正方形も同じように計算すると、一辺が9センチとなります。


正方形の面積の求め方は「一辺×一辺」なので、各正方形の一辺の長さから面積を出すと…小が16、中が81、大が144平方センチメートル。

全部の合計面積をたすと答えとなります。

16+81+144=241

ということで、

3つの正方形の合計面積は241平方センチメートルです!

愛美
いかがでしたか?
あなたはこの問題、解くことができましたか?