元ヤクザが語る「○○がない仕事はやったらあかん」裏社会を知る人の話は深かった

p1020835_tp_v1

 (株)エンタメを いいねして
最新情報をGET!






当時、僕は1泊1200円・三畳一間のカビ臭い部屋に籠城しながら、延々とWEBサイトを作り続ける生活を送っていました。

机もなかったので、BOOK-OFFで買ってきた本を積み重ねて台座とし、そのうえにノートパソコンを広げての仕事。

当然ながら、稼ぎも0に等しくて、もう自分がほんとうにどうしようもないクズ人間に思えてきて仕方がない。

アパートの風呂は共同で、17時から23時までの間に、好き勝手入っていいのですが、一度、人が多い8時くらいに行ったとき、般若や鬼や孔雀や、今からどこ飛んでくの?ってくらい立派な翼や、そんな禍々しい刺青のおっちゃんらに囲まれたときはもう喰われるかと思った。

駄目だろ、ここ。

なので僕はいつも、みんなが上がった後、風呂が閉まるギリギリの23時近くにやってきて、シャワーだけ浴びてさっさと部屋に引き上げる、借りぐらしのアリエッティのような生活を続けていた。

でもここはジブリの世界じゃない。

僕が出会ったのは、元ヤクザの豪傑幹部・中條さん(仮名)だった。

ある日、やたら元気なおっちゃんが風呂場に飛び込んできた。

「おう兄ちゃん、元気か?」
やたら元気なおっちゃんが、風呂場に飛び込んできた。

風呂場が割れるようなバカでかい声で挨拶された僕は、一瞬、「俺か、俺に話しかけてるのか!?」と度肝を抜かれて固まった。

こんなことなら湯船になんて入らず、さっさと上がっておけばよかった、、、なんて思う間もなく、おっちゃんは身体も洗わず、バシャバシャと湯船に入ってきて逃げられなくなった。


おっちゃん「おう兄ちゃん、見かけない顔やな!悪さでもしたか!?」

僕「い、いや、してないですよ!まだ!」

おっちゃん「そうか? ここに来る若い奴なんて人生にやらかしたような奴しかおらんからな。ガハハ!」

おっちゃん「いつから来たんや?」

僕「2ヶ月くらい前からです。」

おっちゃん「そうやな、2ヶ月くらい前から、おるよな!」

あーやっぱり見られてるんだな、と思ったのだけど、不思議と嫌ではなかった。

おっちゃんは30代の半ばくらいで、筋肉質で背が低く、地黒で、顔は景気が良さそうにテカテカしている。



↓ 記事の続きはこちら! ↓



記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼