【日本の闇深い風習】東京の某地。そこでは村の共有物になった女がいてた

tsu_norouyo_tp_v

 (株)エンタメを いいねして
最新情報をGET!






東京都青梅市。その中心部からさらに車で30分ほど入った山あいの小さな集落で、

今年、米寿を迎えた山中時男さん(88)は、

かつてこの地域に存在していたという『秘密』について、ゆっくりと語り始めた。

今を遡ること約80年前の昭和10年頃、この地域に住む人々の間では、

みんなが知っているハズなのに、なぜかその存在について口にするのを憚るという、


あるひとりの少女がいたという。

名前はカヨ。山中さんの話によると、

彼女は、今で言うところの知的障害を負っていたそうで、

実際には20歳近かったにもかかわらず、

まるで幼女のような言葉を話し、屈託のない笑顔を見せていたという。



↓ 記事の続きはこちら! ↓



記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼