ダウン症の従業員がスーパーのレジ係で対応中。その時、女子大生はとんでもないものを見る

bagger

 (株)エンタメを いいねして
最新情報をGET!






これはアメリカの話しです。

大学の寮の近くのスーパーででダウン症の従業員がレジ担当でした。

女子大生がいつものように利用しているととんでもないものを目の当たりにしました。

その時の内容を彼女が説明しています。
————————-
私が利用しているスーパーで、


袋に商品をいつも詰めてくれるのは

障がいをもった優しそうなお兄さんです。

今日も彼が私が買ったものを

袋に入れてくれているところでした。

袋詰めのお兄さん:『これで、いいですか?』



↓ 記事の続きはこちら! ↓



記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼