華の大学生になったのに余命半年を宣告。若くして死を知った彼女。常に前向きな彼女が教えてくれたこととは

uploaded

 (株)エンタメを いいねして
最新情報をGET!






魔神
人生、楽しいこともあればいきなり、自分に不幸な出来事も起こります。しかし、あなたの不幸は他人の人にとってみればそれは不幸なのでしょうか?考え方を変えれば、自分が不幸だと思っていたことも実はそうではなくなることもあります。
今回は先月に手術を行なった山下弘子さんをご紹介します。山下さんは明るく綺麗な女性ですが、実は病気と闘っています。山下さんが闘病で見えたものとは

大学生活が始まった19歳。突如、余命宣告半年を告げられる


小学校でたくさんの事を学び、卒業…
中学校でもたくさんの事を学び、卒業…
高校で恋や人生について学び、あとは大学受験用の知識を詰め込み、卒業…
大学で学ばずにいろいろ遊ぶ予定だったのが、
一旦寄り道してガン学校に入学し、人生についてガッツリ学び、たぶん卒業しているはず…

ガンになって、たくさんの事に気づいて、学んで、私は自分が大好きになりました。

ガンである自分が好きって言っているのではないよ!

ありのままの自分が大好きなのです。
〈出典先:ameblo



魔神
関西で有名学校、立命館大学に入学し、華やかな学生生活を送っていた山下さん。しかし、彼女に急変が。
19歳の頃に右胸に痛みが。医者に行くと肝臓がん告げられ、余命半年に。
しかし、ブログにあるように前向きな彼女。





記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼