特殊清掃の仕事。私はペットの死体処理。→そこで○○が起こり、私は解雇

F1000178.JPG

 (株)エンタメを いいねして
最新情報をGET!






特殊清掃の仕事をしているっていうと、みんな人の死体を想像するけど、
実際には、死体がなくなった後の部屋の清掃が殆ど。
少なくとも自分が働いていた会社ではそうだった。
ただ動物の場合は死体が残っていることが結構あって、
長期旅行で犬を室内に放置していた客から依頼の電話が来ることが多い。
そういう仕事だから、死体のあったシミの上にまだ死体があるような錯覚を起こしたり、
たまに錯覚では片付けられないおかしい事が起こったりもするけれど、
慣れてくれば不思議と気にならなくなる。
働き始めて2年位経った頃に、一軒死んだペットの処理の依頼があって、
小さい会社だから受付の電話応対も自分がしたんだけれど、上品そうな声のおばさんでいかにも金持ちって感じがした。


出典先

20090615184715

どんな現場でも一度は現地見積もりが必要で、見積もり金額と作業内容が通れば契約書の作成っていう流れを説明して、
了承を貰えたから営業担当と二人でお家を訪問した。
営業担当は基本的に作業はしないんだけれど、
営業は見積もり全てに行く分、会社として受けれないようなヤバい案件や客と接するから、場慣れというか嗅覚があって、
その時もお客の家に向かう車の中で、「今日はちょっと変なお客さんかも」みたいなことを言ってた。



↓ 記事の続きはこちら! ↓



記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼