「気づかなかったら大事になっていた」ご存知でしたか?コンセントをほっておいた末路がヤバイ。

Lp3MIEyTRSKVcRM1514300640_1514300650

 (株)エンタメを いいねして
最新情報をGET!




これコンセントをほったらかしにしていると起きる現象です。

その名前は『トラッキング現象』

長い間、差しっぱなしになったコンセントと電源プラグの間にはホコリがたまりがち。

そこに湿気が加わると、電源プラグの刃の間で火花放電が繰り返されます。

その熱がコンセントに接する絶縁部を加熱し、
電源プラグの刃と刃の間に「トラック」と呼ばれる電気の道をつくります。

やがてはそこから放電をおこし、発火。これがトラッキング現象です。

引用元:URL

ホコリがコンセントに溜まっていくとトラッキング現象が起こります。

覗き込んだらプラグの接続部分から小さな火花が見えましたが、

焦げ臭いとかは一切ないんです。

もし気づかなかったらおそらく大事になってました。

水回りなどは注意していたのに、迂闊でした。

引用元:URL




記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼