【これは視聴率5%もありえる?】『民衆の敵』、“秘書の自殺”で急展開!?「コメディドラマなのに」「脚本が破綻」と猛批判!!

321654949979797979

 瓦版 -kawaraban-を いいねして
最新情報をGET!




太郎
第5話では日本人が仕事を優先して休暇が取りにくい
状況にあると知った智子がSNSに自らがまず「長期休暇を取る」と投稿!!
 
しかしその提案は不評の嵐で夫の公平(田中圭)から、
「議員として、ろくな活動もしていないから当たり前。
SNSへは市議として何をしたかを書いた方がいい」
と注意を受けるみたい!!
ええええええええええええ!?
それは絶対やっちゃ駄目でしょ・・・
太郎
するとそんな智子の元へ「市議会に汚職議員がいる」
という告発文が送られてくるんだって・・・
 
新人議員の藤堂誠(高橋一生)や岡本遼(千葉雄大)とともに、
汚職議員の捜索に乗り出すが、その結果、
岡本が敬愛する河原田晶子市長(余貴美子)にその疑いが浮上・・・

 
市長は否定するものの、事態はどんどん深刻化していき、
ついに河原田の秘書・望月守(細田善彦)が
自殺する事件まで発生するしたんだって!!
ええええええええええええ!?
この展開は予想外だよね・・・
太郎
本当だよね・・・
自殺となると全然イメージが違うからね・・・
そうだよね・・・
脚本家は何考えてるのかな?

↓ 記事の続きはこちら ↓



記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼



スポンサードリンク

スポンサードリンク