実家に行くと見知らぬ女「お帰り。俺さん」記憶に無いが俺は結婚してた。→調べると後味悪過ぎる事実が

PAK25_sakebuookawa_TP_V

 (株)エンタメを いいねして
最新情報をGET!




この気が付けばってのは、冗談でもなんでもない

ホントに気が付いたら結婚してたんだよ

当時俺は21歳の会社勤め

高校卒業して就職、地元の小さな企業に勤めてアパートで一人暮らしをしてたんだが、ある日実家に帰ると、

家の中には見たことない女性が座ってた

誰だろ、綺麗な人だなってのが、俺の最初の感想だった

俺は父に、この人誰って聞いた

そしたら父はかなり驚いていた

『お前何言ってるんだ?』って言われてた

そしたら、その女が笑顔で言ってきた

『お帰りなさい、俺さん』って

何で俺の名前知ってるのか聞いてみたら、その女は笑いながら言ってきた

『何でって、だって私は俺さんの妻でしょ?』

この女は何を言ってるのかと思った

その時、それはドッキリか何かかと思ったし、家の中を見渡してみた

だって、そん時の俺は彼女すらいなかったし、当然結婚なんてしたこともない

おまけにアパートで一人暮らしだったから、そもそも結婚していたとしても家には誰もいない

何かの冗談かと思った

でも、両親とその女は至って真面目に、というより、極自然に家族として成り立ってた

俺は立ったまま固まって家の中の景色を茫然と見てたんだけど、まるで長い付き合いかのようにテレビを見ながら母と話してたし、父に茶も入れてた

むしろいつまで経っても座らない俺に女不思議そうな顔を見せて、『座らないの?』って聞いてきた

そっから我に返って、一気にファビョッた

『その女は誰だ』『なんで俺の実家にいるんだよ』『てか妻ってなんだよ』って一気にまくしたてた

でも、両親もその女もキョトンとしてた

最初は笑っていた両親も、本格的に騒ぐ俺を見て異常さを覚えたみたいだった




記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼