【無理】朝起きると彼が着物を来て馬に乗っていた。私「もう無理。帰る」

gatag-00003904

 Majic restaurant People's storyを いいねして
最新情報をGET!




大学の同級生だった彼氏。

怒ったことがないと
思われるくらい温厚で、
いつも冷静で朴訥として
淡々と論理的に話すところとかが
好きだった。

出身は中部地方の山の方で
進学のため東京に出てきていた。

ある連休の時、
彼の地元のお祭りに誘われた。

新幹線と電車を乗り継ぎ、
彼の地元近くの駅に着くと
彼の従兄弟が迎えに来ていた。

歳下の従兄弟と
いうこともあるせいか
終始彼氏には敬語を使っていた。

その時は
そういうものなのかなぁ
くらいにしか思っていなかった。


↓ 記事の続きはこちら! ↓



記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼