【泣ける】成人して家を出て行く日、母に「3歳の時、あなたを捨てようとしてごめんなさい」と言われた。気付いてないふりしてたけど、気付いてたよ…

gatag-00013920

 Majic restaurant People's storyを いいねして
最新情報をGET!




秋のよく晴れた日になると
思い出す。

3歳の秋の日、
母が朝から
おにぎりを作ってくれて、

「お出かけしよう」
と言って
電車に乗って遠くに行った。

行き先は山も海も見える
田舎町だった。

真っ白い堤防のようなところで、
母がベンチに座らせて、

「ちょっとお母さん
飲み物買ってくるから待っててね」

と言った。

ベンチにお弁当と水筒と
上着を置いた。

「わかった、ママありがとう。
バイバイね」

と言ったら、
母は顔をそむけて
走るように去って行った。


↓ 記事の続きはこちら! ↓



記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼