学校帰り彼女を待つと彼女「今日一緒に帰られへん」俺『泣いてる?』『…なんか生臭いぞ』 → なんと…

s_PAK86_dakiyoseru315182624

 (株)エンタメを いいねして
最新情報をGET!




中学生のときの話だ。

同じクラスに、どう贔屓目に見ても、

養護学校の方が相応しいだろ…というレベルの

池沼がいた。担任がその母親だったんだ。

この担任、池沼をゲロ甘く育てていたので、

俺達は授業中に突然発せられる奇声や

理解不能な感情の爆発に振り回されることになった。

更に悲惨だったのは、週替りで「お世話係」に任命される女子だ。というのも、

男子の言うことはまったく聞かない。

女子ならば、ベタベタ甘えるという被害はあるものの、何とか言うことを聞くんだ。

池沼はその頃、身長170cm、体重100kg超はあろうかという巨体、そのうえ人一倍、

セイ欲に目覚めていた。

女子に後ろから抱きつく、無理矢理キスしようとする、

女子トイレに入り込んで個室をノックして回る等々、母親である担任以外の目には明らかだった。

担任は、マジでこの池沼のことを時折「天使ちゃん」と呼び、

「この子は人一倍純粋に生まれてきただけ」と主張していた。




記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼