芋ヤンキーにボコボコにされた。→後日、兄「付いてこい」俺「え?」向かった先がなんと・・・

Crwkfc6UsAAxdrf

 (株)エンタメを いいねして
最新情報をGET!




空気読まず投下

俺が中学の時の話

俺の実家は割と田舎の方にあって、

いわゆる芋ヤンキーがけっこういた

当然俺の周囲にもそういった輩がいたし、

地元では有名な○○連合っていう暴走族グループまであった

前置きはこの辺にして、本題

中学のころ、俺はたぶんいじめられていた

たぶんっていうのは、当時の俺は素晴らしくアホというか楽観的というか、何をされても「ああ、こういう遊びなんだ」って認識だった

例えばゴミを投げつけられても、ゴミの投げ合いっていう遊びと認識→俺も投げ返す

物を隠されても、宝探しのような遊びと認識→すぐさま見つけて、「見つけたぁぁ!」と叫ぶ

ぶっちゃけそんな性格だったからこそ、ある程度はまともな人生送れてるのかもしれん




記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼