私が病気になると、彼母「病弱な嫁はいらない」彼「別れよう」私「はい…」→数年後、病気が回復して今の夫と結婚した頃・・・

a0002_007555_m

 Majic restaurantを いいねして
最新情報をGET!






実家が会社を経営している婚約者がいた。

別々の大学に通っていたけどコンパで知り合った。

「いずれ家を継ぐから、将来のことを考えてほしい」
と言われて、私もその気でいた。

卒業後、彼は実家に就職し、彼母と姉が事務をしていたので、
私は別の中小企業に就職した。

そこで経理を習い、会社の勧めで簿記の資格も取った。

今勉強しておけば、彼の支えになると思った。

しかし20代半ばを過ぎたとき、病気にかかった。

とにかく吐き気がひどく、なにも食べられない。

みるみるやせ細り、入退院を繰り返した。

悲しむ親を見るのもつらかった。

会社も退職した。


でもその時は
「早く良くならなきゃ」
「良くなって彼と結婚しよう」
と思っていた。

何度目かの入院をしたとき彼の母が訪れた
「悪いけど、体の弱い人は嫁に来てもらっても困る」
というようなことをオブラートに包んで長々と言われた。

彼と話して
「あなたも同じ考えなのか」
と聞くと
「俺は社長として何十年と会社を支えていかなきゃ行けない。支えてくれる人じゃないと…」

ショックだったが、彼らの言い分も理解できた。

務めていた中小企業も同じような形態で、社長も夫人も毎日走り回っていた。

高級車に乗っているし、年に二回海外旅行にいくし、そこだけ見ると羨ましかったけど、
それ以外の時間は家でも会社でも仕事仕事。

たしかに病弱ではこれはできない、こんな体では…と泣く泣く彼と別れた。

本当はもう少し待ってほしかったが、彼は「ごめん」と言って去って行った。





記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼