マザコン気味だった友人が母親が亡くなってから一転。母親叩きを始めたんだが…

gatag-00001175

 Majic restaurant People's storyを いいねして
最新情報をGET!




長年の友人が、職歴なしでずっと生きている。

当時はニートという言葉がなく、
プータロー、高等遊民と呼ばれていた。

友人の実家は裕福で、
アパートや駐車場などを所有しており、
働く必要がない奴だった。

上記の理由で不労所得があるため、
羽振りがよく
奢ってくれることもしばしばだった。

金持ち喧嘩せずのことわざ通り、
穏やかな気のいい奴で、
怒った顔など見たこともなかった。

その友人の母親が死んだ。

70代後半だから妥当な年齢だろう。

突然死だった。

大きな屋敷に父親と友人の二人暮らしになった。

それから友人の性格が一変した。


↓ 記事の続きはこちら! ↓



記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼