【お花畑】大震災。母が真っ先に心配した相手は〇〇だった。倒れる私、暴れる弟、土下座する父。

girl-853120_640

 Majic restaurantを いいねして
最新情報をGET!




大学生になってすぐ、母の不倫が発覚したこと。厄落としに書くので長くなります。

少し前提を挟むが、うちは両親が中2の時に離婚し(原因は父の浮気)、その2年後に母が再婚。
その時はあまり深く考えずだったが、まだ前父との夫婦関係が続いている間に、

母もよそで浮気をして恋人を作っていたことになる。

それが義父。

余談だが、義父も母と付き合っていた頃は妻子持ちだったらしいので、いわゆるW不倫というやつだ。
母は離婚前に前父の浮気をひどく非難していたが、今にして思えば「お母さんも人のことを偉そうに言えないよな」という感じ。

前父とはあまりいい思い出がなかったので、私や弟の養育費を出してくれ、前父以上に愛情を注いでくれる義父には感謝しっぱなしだった。
ここから書くことが私(当時大学生)や弟(当時高校生)の修羅場になる。

東日本大震災が起きたあの日。
私の住んでいる地域でもそれなりの揺れを感じ、母・私・弟の三人でリビングに集まって緊急地震速報や東北のひどい惨状をテレビで見ていた。

ふと、母が私たちから少し離れたところで、携帯で誰かに電話しているのがわかった。
最初は父に連絡を取っているものだと思っていたのだが、口調や態度から察するに、

明らかに父ではない誰かと話している。

さらに、母は携帯の受話音量を最大にする癖があったので、電話口からは父ではない男性の声が漏れ聞こえていた。
その時点で私は嫌な予感を感じていた(後で聞けば弟もこの時点で「ん?」と思っていたらしい)。

その日の夜、両親が寝静まってから母の携帯の発着信履歴・送受信メールの内容をすべて改めた。
完全に油断していたのか、それともバレるわけがないと舐めていたのか、携帯にはパスがかかっておらず、どうぞ見てくださいと言わんばかり。


↓ 記事の続きはこちら! ↓



記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼