「おじいちゃんが明日行くからちょっと待ってなさい」 悪いことしてないのに生活指導の先生に目をつけられ泣かされてた私のために祖父が動いたのだが…

gahag-0096358438-1

 Majic restaurant People's storyを いいねして
最新情報をGET!




祖父に助けて貰った話。

うちの高校、校則が厳しくて
スカート膝下10cm以上とか
髪型は三つ編みやショートなど指定のもののみ、
当然染めたりなんかはダメ、
みたいな感じで私たちからしたら
時代遅れと感じる校則が
沢山残っているところでした。

私は水泳部だったんだけど、
水泳って毎日してると
髪の色が抜けて茶髪になってくる。

中でも私は髪の色が変わりやすかったので、
部を言い訳に髪を染めてる!
と生活指導の先生に指摘された。

生活指導の先生は2人いるんだけど
両方体育教師で、体育教員室に呼ばれると
その2人に30分以上毎回怒られた。

何度も説明したし美容師さんにも
髪色が抜けやすいっていう話を
紙に書いて貰って提出したんだけど
全く効果なくて、
髪を引っ張られて何度も泣かされた。


↓ 記事の続きはこちら! ↓



記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼