小学生の集団が湖に石を投げ始め、一つが俺に当たった!俺「責任者を呼べ!慰謝料と休業補償を請求する!」→引率の教師が出てきて・・・

a0027_001650_m

 Majic restaurantを いいねして
最新情報をGET!






夏の真っ只中の早朝、某湖にブラックバス釣りに一人で出かけた時の事。

湖畔に立って釣っていると
後ろから塾の合宿かなんかの小学生の集団が
朝の散歩で長い列を作って歩いていた。

そのうち集団が俺を見つけ、湖の中に石を投げ入れてきた。

教師は注意するわけでもなく、そのうちガキの投石はますますエスカレート。

最初は軽くス ルーしていた俺だが、
だんだん投石対象が俺自身に変わってきたようで、
俺に向かってがんがん投げてくる。


さすがに頭にきて
「石なんか投げんじゃね~!」
と怒鳴っても無駄。

教師も見てみぬふり。

がんがん俺に向かって投げられる石、そのうち石の一つが俺を直撃。

といっても左手 でガードしたから怪我はないのだが
頭に来ていた俺は一芝居打つことにした。

手を押さえてうずくまり、よけざまに手に当たったことをアピール。

すぐに責任者を呼ばせ
治療費と仕事が出来なくなった場合の休業補償を請求すると通告。
(もちろんこのときの会話は携帯のボイスレコーダー機能で録音済み)

「手くらいでそんなオーバーな!」
と開き直られたのにさらに腹が立ち、
財布に入れてある俺の名詞を相手に無言で渡す。

俺の職業は歯医者。

当時は某病院歯科の副部長だった。

青くなって誤り倒す相手を
「今更何言ってる?包帯巻いてちゃ仕事できないから。場合によっては弁護士通す」
と言い放って左手押さえながらその場を立ち去ってやった。





記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼