オッサンに襲われてる所を大好きなお兄さんに助けられて安心して大小漏らして初恋オワタと思ったら!

JK92_kaerimichi20150208082355_TP_V

 Majic restaurant People's storyを いいねして
最新情報をGET!




私の実家は超田舎の盆地

電車もなければバスもない

買い物は山を越えた先の街に
行かなければならない

ご近所付き合いは平気で
上がり込むのが当たり前

だから基本的に玄関、
窓に鍵をかけるという習慣がなかった

これが修羅場を招く起爆剤になる

高校の夏休みその日は
私以外は出払っていた

特にすることもなく
日当たりのいい部屋で昼寝をしていた

気持ちよく寝ていると
体に違和感を感じ目を覚ますと

見知らぬおっさんが
私に覆いかぶさるように荒い息を吐いて、
服を脱がそうとしていた


↓ 記事の続きはこちら! ↓



記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼