帰宅すると彼女と間男が風呂でお楽しみタイム。出口を塞ぎ、彼女「あれ?」→反撃で数々の人を呼び出したww

lgf01a201409220300

 (株)エンタメを いいねして
最新情報をGET!




俺とA子は付き合って2年くらいだった。

結婚もそろそろかなと意識し始めてて、婚約まで行かなくても両家の両親には挨拶を済ませてあって婚約に近い形だった。

俺は一人暮らしでA子に合鍵を渡してあったので、ちょくちょく俺が帰ってくる前にご飯を作って待っててくれたりもしてた。

ある日、仕事中に具合が悪くなって早退をさせてもらった日の事。

熱っぽくて少しフラフラしながら家路に着くと見た事のない靴とA子の靴がある。

玄関脇の風呂場からは何やら笑い声と共に男の声もする。

(あれれ、こりゃやられちゃってるかね)とか思いながら物音を立てないようにこっそりと部屋に入って辺りを見回すと

脱ぎっぱなしの洋服がその辺りに散らかっていた。

ご丁寧に肌着まで散乱してる有様で、何も言われなくても状況を把握する事が出来た。

状況を把握してくると、段々と腹が立ってきて、何かないかなぁと周囲を見ると昔買った安物のソファーが目に入った。

風呂場は玄関脇にあるので、比較的狭い通路になっている。

扉は通路側に開くので、風呂場の扉の前にソファーを設置。

これだけだと心配だなとか考えて、ソファーの上にホームセンターなんかで売ってるシルバーラックをそっと乗せておいた。

何も知らない風呂場ではキャッキャウフフと何やら騒々しい。

締め出した事で少し余裕が出てきたのか、携帯を置いてるんじゃないかと思って探してみると二人分の携帯を発見。

どちらもロックがかかってないので簡単にメールやら電話帳やらを確認できた。

男の方の携帯にはメールにはA子の他にも本命の彼女と思しき人とのやり取りがあったので、メールを送ってみた。

内容は

「はじめまして、俺男と申します。現在、我が家の風呂にてB男さんと私の彼女がお風呂でイチャイチャしておりましたのでご連絡差し上げました。」

これだけでは信じてもらえるか分からないので、部屋に散乱してる二人の服を写メで撮って添付して、俺の連絡先も合わせて送信。

作業に没頭してると風呂場が少し騒がしくなってきた。

どうやらドアが開かない事に気がついたらしい。

A子「あれ?開かない?」

間男「え?何で?」

タバコを吸いながら観察してると俺の電話に見慣れない番号でかかってきた。




記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼