【衝撃】ホストにはまった24歳女性巡査の末路!なんと154万もの旅行金を着服し・・・!

スクリーンショット 2017-04-30 19.44.22

 Majic restaurantを いいねして
最新情報をGET!




かるあ

県警南署生活安全課の
女性巡査(24)が
ホストクラブに通うため
なんと旅行積立金154万円を
着服したとして、
停職3月の処分をされました。

愛美
結果、
同日付で退職したとの事。
かるあ
女性巡査の親が
旅行金は全額弁済した事などから
立件は見送る方針だそう。

県警監察官室によると、巡査は同課15人分の旅行積立金を管理していたが、
昨年10月ごろから今年2月までの間、6回にわたり口座から計90万円を勝手に引き出したほか、
預かった現金を入金しないなど計約154万円を着服。

「返金すれば大丈夫」とホストクラブ代に充てたという。

巡査は2015年11月に高校の同級生に誘われたのを機に、
東京都新宿区内の4~5店を月2~3回、多い月は十数回訪れた。

特定のホストに入れ込み、これまで計60回ほど通ったといい、カードローン約500万円、
ホストクラブの売掛金50万円の借金があった。
 
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170428-00000117-jij-soci


↓ 記事の続きはこちら! ↓



記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼