北斗晶さん、涙が止まらなくなる「ありがとうの反対語」のエピソードが話題を呼んでいます。

20279_main

 Majic restaurantを いいねして
最新情報をGET!




  がん治療で現在完治に向けて闘病中の北斗晶さん。2016年4月7日に自身のブログに投稿した記事に注目が集まっています。

夜中になかなか寝つけずに携帯電話をいじっていたという北斗さんは、ある記事をネット上で見つけて、涙が止まらなくなったと話しています。

それが「ありがとうの反対語」についての記事。

普段当たり前のように使っている「ありがとう」という言葉ですが、その反対語について、改めて考えてみたことは少ないのでは。

「ごめんなさい」、それとも「どういたしまして」辺りかなと思いましたが、答えは全く違いました。

「ありがとうの反対語」、あなたは分かりましたか?


北斗さんはその記事の内容について触れている、一つの動画を紹介しています。

それがこちらの動画です。この動画の中に「ありがとう」の反対語の答えと解説があります。


ありがとうの反対語の答え…それは「当たり前」。

「ありがとう」は漢字で書くと「有難う」。「有り難(ありがた)し」という意味だ。

あることがむずかしい、まれである。めったにないことにめぐりあう。

すなわち、奇跡ということだ。

奇跡の反対は、「当然」とか「当たり前」。我々は、毎日起こる出来事を、当たり前だと思って過ごしている

日本人なのに”ありがとう”の反対語を知らなかった。 ーより引用

このエピソードは多くの人たちの心に響き、北斗さんのブログのコメント欄には、「感動した」「こんな深い意味があったんですね」など、多くのコメントが寄せられています。
 




記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼