【ショック】黒木瞳が号泣・・・初めての監督業「甘えがあったかな」

090316-kepco-kuroki2

 瓦版 -kawaraban-を いいねして
最新情報をGET!






黒木瞳の初監督の映画どうだったのかな?
気になってたけど行けなかったんだ・・・
太郎
やっぱり初の監督業で大変だったみたいだよ?


黒木瞳(55)が声を上げて泣いた。初監督映画「嫌な女」が先週末、封切られた。昨年夏の撮影2日目。自宅に戻ると、無力感や自分のふがいなさに涙があふれた。
日本映画界では、ほとんど例がない女優の監督挑戦。作品完成の喜びと苦闘の日々を聞いた。

 撮影2日目となる地方ロケを終え、黒木が都内の自宅に戻ったのは午前2時すぎだった。寝ているはずの夫と娘がリビングで待っていた。
心配する2人に「大丈夫だったよ。何とかやったよ」と答えたが、張り詰めていたものが切れた。涙があふれた。号泣した。
「何も言わないで、30分ぐらい泣かせてくれました」。

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/11691155/ 




↓ 記事の続きはこちら! ↓



記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼