【やっぱりブラックだった】超激務で有名な証券会社。俺の話しで何人救われるかな?

ZOM86_keitaiijiruzombie20140503_TP_V

 (株)エンタメを いいねして
最新情報をGET!






今回は証券会社で修飾した人による実際の

ブラックor激務な話しをします。

2chで話題になりました!

1年目なのにもう体壊した


【証券リテール営業マンの1日】

6:30 出社

7:20 日経・株式新聞等に目を通し、客先に持っていく資料を作る。と言っても新聞の切り抜き。PowerPointなどでもっとちゃんと資料を作ろうものなら、上司から「無駄なことするな、ボケッ!」と殴られる。

7:30 朝の会議。「今日は○○を○○(万円)まで死んでも詰めろ!!」等の脅迫めいた指示が支店長からだされる。昨日分の成績が発表され、課長が殴られる。

9:00 前場スタート。客へ電話をかけまくる。手が止まると、いきなりガラス製灰皿が投げつけられるから要注意。177番でもいいから客先に電話をかけてる ふりをすること。もしくは自分の家の留守電にしゃべる。

10:00 1回目の手数料チェック。1人1人ずつ、「今いくらなんだよ!!」と聞かれる。大体3年目の社員で1日30万円が目安(つまり約3000万近くの売買をしなければならない)。このチェックで「ゼロです…」と言おうものなら、「テメェ!!どうすんだよ?やれよ!!」と恫喝されます。

11:00 2回目の手数料チェック。内容は同上。前場終了。数字が行ってない者は昼飯ぬきで、引き続き客先へ電話をかけまくる。



12:30 後場スタート。

14:00 3回目の手数料チェック。

15:00 後場終了。申請した手数料と実際の手数料に乖離がある場合「おい、お前10万って言ったんじゃねーのかよー!!この落とし前どうつけるんだよー!!…黙っててもわかんねーんだよっ!!」と集計ボードを床に叩きつけられます。

15:30 客先へ。投信の資料をしこたまかばんに詰め込み、売り歩く。

17:00 会社に戻る気にもならないので、本屋・喫茶店・ゲームセンターで時間をつぶす。

19:00 適当に会社へ戻ると、「今から投信2億出せやぁコラァァ!!」という支店長の罵声の下で営業マンが必死に電話中。

20:00 「夕食時に何を考えているんだ!!」という客のもっともな罵声を聞きながら電話をこなす。

21:00 「いくらできたんだ!!」という声に「1000万円…」と答えると「ふざけてんのか!キサマァ~!!」という怒声と共に胸倉をつかまれる。「○○○のような素晴らしい商品が何故売れんのだ?!!殺すぞ、てめぇ!!」と恫喝される。

22:00 「投信を売れない奴は気合と根性が足りないんだ!!叩きなおしてやる!」 と言われ、何故か居酒屋に連れて行かれる。そして延々と気合が足りない、根性が無い、と言われ続ける。

01:00 ようやく解放される

MASA
これが毎日続くとか激務過ぎる





記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼