【涙】高3の春、左顎にしこり。医者「がんです」スイーツ脳女子が壮絶な闘病生活に涙

gatag-00000527

 (株)エンタメを いいねして
最新情報をGET!




自分語りがはーじまーるよー

スペック(当時)

高3女

スイーツ(笑)脳。あくまで当時。

家族構成は会社員の父、パートの母、一才違いの妹。

全ての始まりは、高三の春、

左顎の下部にしこりができたことだった。

できものは直径3cmくらいで、

触っても痛みはなく、ただ存在するという感じ。

ゆとりな私はしこりのコリコリ感を楽しんでいたwwww

大事だとは思っておらず、

母に相談し、1週間後くらいに隣市の病院に行くことになった。

大きい病院で担当してくれたのは、20代後半?の女医さん)で、

クールビューティーな感じ。

付き添いの父がデュフフしており、きれいな女医さんって本当にいるんだなぁと思ったwww

とりあえず、色々な可能性が考えられるが、腫瘍も大きいし、最終的には切ってみないとわからない。

と言われたので、一週間後に手術となった。

その週、学校を休み、午前中にT先生のところへ。

「今回の腫瘍は、悪性腫瘍とのことでした。

血液内科の先生がいますから、治療はそちらになります」




記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼