実家が葬儀用具の卸という人の死で稼ぐ商売をしていた。やはり、ヤバいことが起きる

00_PP44_PP_TP_V

 (株)エンタメを いいねして
最新情報をGET!




実家が葬儀用具の卸売をやってた。

親父が確か4代目だか3代目。

俺は長男で跡継ぎだったんだけど、

経営が傾いていたことと、

俺自身そんなに継ぐつもりもなかったので、

親父が脳溢血で死にかけたのを機に会社を畳んだんだ。

寺とか神社とか、葬儀会社とかの直接な仕事じゃないとはいえ、

やっぱり人の死で稼ぐ商売、

心霊的な話はチラホラ親父から聞かされてきたし、

たまーに俺も体験することがあったんだけど、その中で一番ヤバイ話。

会社を畳むことが決まって、家族で色々と片づけてた時だ。

事務所は親父の生家(随分前から住んではいないけど)だったから、

会社の在庫やら親父、おばさんの私物やらが沢山あった。

で、まだ使えそうだけど俺たちは使わないし、とはいえ捨てるのも勿体ない、

みたいなものを表に出して、欲しい人に持っていってもらおうって事になったのね。

住宅地だとたまにあると思う。

玄関に段ボールを置いて

「ご自由にお持ちください」

って、アレ。

事務所にはみんなが期待しているような呪いアイテムも当然あった。

ヤバイ具合に薄汚れた日本人形とか、人の手の皮?が張り付いたハサミとか、

でも、そういうものは、ちゃんと仏壇の横に整理してあって、

そういうのは親父が管理して、後日神社に持っていく手筈になっていた。




記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼