大事故で下半身切断「あと5分の命」最後の望みを聞いた救急隊員の行動が考えさせられる

lgf01e201407260100

 (株)エンタメを いいねして
最新情報をGET!






ある日の深夜3時ごろ、

高速道路で事故が起き、

被害者の男性は、

下半身を切断されるという重体に巻き込まれてしまいました。

彼に残された時間は「あと5分。」


その彼が最後に望んだこととは・・・?

事故現場に救助に向かった救急隊員が見たのは、

なんと車に挟まれて下半身を切断された男性の姿。

見るからにもう助からない状態でしたが、

切断面が車に圧迫されていたため





記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼