【物心がついた時からお父さんがいない】母子家庭でお母さんからは虐待されてた彼女の言葉が刺さる

a0216818_5525421

 (株)エンタメを いいねして
最新情報をGET!






私の家庭は母子家庭で、物心ついたときから父親という存在がいなかった。

私、弟、母の三人暮らしで、母は看護師をして私達を養っていた。

ただ、母は小さい頃虐待を受けた過去があった。

そのため子供の育てかたがわからなかった。

関わりかたもわからなかった。

何より男がいないとダメな人間だった。

私達のご飯はコンビニの弁当で、手作りの味は給食だった。

小さいころ、水筒がなくて、夏は水道水の水をのんでた。

えんぴつがあってもえんぴつ削りがなくてノートが書けなかった。

服もほぼ毎日同じだった。

お前んちのご飯いっつもローソンなん?

同級生の男子たちに言われて恥ずかしかった。

そんな私を見る担任や他生徒の親の目が冷たかったのを今も覚えてる・・。

怖い、見ないで。

それ以来人の目を見ることができなくなった。

そんな母は、男のとこへ行けば当たり前に帰って来なかった。

小学生の頃のある朝、私は母に電話を入れた。

お腹が空いたって伝えた。

でも、受話器から聞こえたのは母の喘ぎ声だった。


受話器を耳につけたまま何も言えず、喘ぎ声を聞き続けた。

おかげで大人の男に近づくのが怖くなった。

母は怒ると暴力を振るった。

何度も足をいれられて、やめてとは言えず

「もうしません、もうしません。」

って泣きもって言いながら必死で許しをこうた。

耐えれずサンダル片足だけ履いて、待て!って怒鳴る母を背にして逃げたこともあった。

裸で外にも出され、うずくまって泣いたこともあった。





記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼