フクロウカフェの衝撃の真実を元従業員が内部告発!劣悪な環境で次々死んでいくフクロウたち・・・。

gatag-00003281

 Majic restaurantを いいねして
最新情報をGET!




かるあ

フクロウカフェとは
フクロウやミミズクなどを
店内に飼育し
見たり、触れ合ったり出来る
カフェです。

愛美
2012年頃から
都心に相次いでオープンし、
その後、日本各地でオープン。
かるあ
「癒しが得られる」
と、人気を集めています♪
愛美

そんなフクロウカフェですが
今回とても悲しい事実が
明らかになりました。

かるあ
元フクロウカフェのスタッフが
NPO法人アニマルライツセンターへ
内部告発し、明らかになり、
話題になっています。

営業中も閉店後も同じ場所でつながれたまま


ホームページなどでフクロウ達に休憩を設けているように記載されていますが、
実際は体調が悪いフクロウ以外は休憩なしで営業中の10時間の間、
お客様に触られ続けられます。

休憩を取らせることがあってもバックヤードに移動させることはせず、
フクロウはずっと同じ場所にいます。

引用元:http://www.arcj.org/animals/zoo/00/id=1011

かるあ
フクロウはストレスに弱い動物
というのはよく聞きますよね。
愛美
これはフクロウにとって
かなりのストレスに
なっていた事でしょう。

糞尿が増えるため、水を与えない


営業中に水を与えることはほとんどなく、
夏場の暑い季節に水を飲ませることは数えるほどしかありませんでした。
水入れも設けていないため、自発的にフクロウは水を飲めません。
水を与えなかったのは、糞尿の量が増えるからです。
また人手不足で水を与える時間もありませんでした。

引用元:http://www.arcj.org/animals/zoo/00/id=1011

かるあ
酷いですね。
愛美
水がなければ
当然すぐに衰弱してしまいます。

↓ 記事の続きはこちら! ↓



記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼