【怖い話】明治以前は、鉄砲に使う鉛の弾を、猟師自身が溶かして作っていたという

gahag-0050518660-1

 (株)エンタメを いいねして
最新情報をGET!






明治以前は、

鉄砲に使う鉛の弾を、

猟師自身が溶かして作っていたという。

夜なべ仕事に炭火で鉛を溶かし、

底の丸い鉄鍋で弾を丸める作業を続けていると、


不思議なことに家の年老いた猫が、

コクリ、コクリと首を振る。

猟師はさして気にもとめず、

夜が更けるまで次の猟に使う弾を作り続けた

翌日。





記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼