入院中見舞いに来た彼氏の母親が400万ほどの薬の瓶を割ってしまった!

a0790_000128_m

 Majic restaurant People's storyを いいねして
最新情報をGET!




もう何年も前のことになりますが、
自己免疫疾患が原因の神経系の病気を発症して、
治療のために入院することになりました。

点滴治療が必要で、
高価な血液製剤を使用してもらいました。

牛乳瓶のようなガラスの瓶に薬が入っていて、
患者の体重に応じて、使用本数が変わってくるそうです。

とても高価には見えない
小さくてかわいらしい瓶だったのですが、
看護師は
「軽く100万は超えますよ〜
万が一割ってしまったら始末書なんですよ〜」
とか冗談混じりでおっしゃるので
とても驚いたことを覚えています。
入院して数日たったとき、
当時付き合っていた彼氏のお母さんが
お見舞いに来てくれました。

彼とは偶然地元が同じ東海地方の県だったのですが、
入院していたのは首都圏です。

きっといろいろ気になったのだろうと思って、
医者に言われたことをそのまま伝えました。


↓ 記事の続きはこちら! ↓



記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼