Twitterで起きた。ママ友の怖い話し。あなたもSNSで○○を目的に利用していませんか?

uploaded

 (株)エンタメを いいねして
最新情報をGET!






記事提供:conobie
こんにちは、シノヅカヨーコです。

スマートフォンが普及し、ほとんどの人がSNSを利用している昨今、インターネットで知り合った相手と親しくなることは決して珍しいことではありません。
「インターネットでの出会い=危険」なイメージは薄れ、ネット上で知らない人とやりとりをすることに抵抗を持たない人も増えてきているようです。

ですが、顔の分からない相手を安易に信用したことがきっかけで、トラブルに発展してしまうケースもあります。
これは、実際に起こった話です。


「同性相手だから大丈夫」そう思っていたはずなのに…。


妊娠中のSさんは、出産予定日の近いプレママたちとTwitterを通じて知り合い、健診の結果や妊婦特有の悩みを打ち明け合う関係を築いていました。
Sさんは、「出産予定日が近いと親近感がわくんです」とお話しされていました。

赤ちゃんが産まれたら、いつか会えたらいいね~、そんな約束を心待ちにしながら、日々のやりとりを楽しんでいたそうです。

そんなある日、Sさんに一通のダイレクトメッセージが届きました。
差出人は、日ごろからツイートのやりとりをしていた女性。
出産予定日が近い妊婦で、Sさんの年齢と近いことから、特に親近感を感じていた相手でした。

「Sちゃん、おなかどれぐらいになった? 写真を送ってくれないかな。自分のおなかが大きすぎる気がして不安で…」

そう打ち明けられて、Sさんは「この人の悩みなら…」と、お腹の写真を撮影。
着ていたパジャマを鏡の前でたくしあげ、大きくなったおなかがしっかりと映った写真を相手へ送りました。

しかしそれきり、一向に返事がありません。

「いったいどうしたんだろう…」

数日後、彼女のページに飛んでみると、ブロックされてやりとりができない状態になっていました。





記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼