東日本大震災のときに従兄弟一家が被災したんだが、旦那が被災した従兄弟一家を我が家に迎え入れると勝手に決めて家に入れていた・・・

gatag-00003139

 Majic restaurant People's storyを いいねして
最新情報をGET!




東日本大震災のときに、
旦那の従兄弟一家が被災した。

従兄弟の嫁と長男は残念ながら死亡し、
従兄弟(30代)と長女(7歳)、次男(2歳)が
生き残った。

旦那と従兄弟は幼馴染の様な感覚で育っており、
互いに結婚して離れて暮らしても
たまに会って飲む仲だった。

その旦那が、被災した従兄弟一家を
我が家に迎え入れると言い出した。

もう目の前に従兄弟一家がいて目玉が飛び出した。

なんの相談も無かったんだよ。

旦那自身ができる援助や手伝い、
私や子供(0歳と2歳)への影響を考えてくれているなら
よかったんだけど、従兄弟一家のケアや世話は
私に丸投げ前提だった。

旦那は激務で午前様。

私は育休中の実質専業主婦だったけど、
情緒不安定な従兄弟と0歳児を含む
4人の子供の世話は無理だった。

私は即荷物を纏めてわが子を連れて実家へ逃げた。

出ていく時、
父に来てもらったからすんなり脱出できた。


↓ 記事の続きはこちら! ↓



記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼