娘が生まれる頃、家を買うことを相談したら「ローン組むやつなんて頭おかしい」と言っていた夫が今になって家を買いたいと言い出した。なので離婚を決意して夫に伝えると・・・

miyazakiDSC_0025_TP_V

 Majic restaurant People's storyを いいねして
最新情報をGET!




◆現在の状況
離婚切り出したら全面的に却下された

◆最終的にどうしたいか
離婚したい

◆相談者の年齢・職業・年収(手取り額)
40前半。会社員。400万

◆配偶者の年齢・職業・年収(手取り額)
40後半。会社員。600万

◆家賃・住宅ローンの状況
家賃18万

◆貯金額
子供用とは別に2000万程度

◆借金額と借金の理由
なし

◆結婚年数
18年

◆子供の人数・年齢・性別
高2娘と中3息子

◆親と同居かどうか
別居

◆相談者と配偶者の離婚歴、あればその理由
どちらもなし

◆離婚危機の原因の詳細
元々、夫は人のやることを全否定して、やる気をなくさせたり、
実現不可能にしたあとに「やっぱりいいよ」というタイプでした。
(例えば、夫と外食に言って私が食べたいものを言うと
全力で否定したあとに文句を言い続け、
食べる気をなくした私が夫希望の店に入ったあと、
夫がメニュー表見ながら
「やっぱそっちの店の方がよかったなー」と言ったり)

娘と息子のやりたいことも同じように否定しながら
文句をいい続けて、諦めさせた後に許可出したり。

娘が小学生の頃、ピアノに興味を持ったので話を振ったら
「意味がない。将来ピアニストになる気あるの?」
とこんこんと説教のように反対したくせに
1年後くらいに急に「やっぱピアノしていいよ」と言ったり。
(その時はすでに娘にやる気なし)


↓ 記事の続きはこちら! ↓



記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼