明石家さんまの「生きてるだけで丸儲け」さんまの過去が壮絶だったことを知っていますか?

large_133689_1

 (株)エンタメを いいねして
最新情報をGET!






《明石家さんまの壮絶な生い立ち》

~生きてるだけで丸もうけの本当の意味~

◇実母はさんまが三歳のときに病死している。

(さんま兄が)小学校高学年の時に父が再婚、

さんまには年の離れた弟(故人)ができた。

「中学生くらいの頃は娯楽といえぱ、

三枝(文枝)のラジオ『ヤングタウン』でね。

二段ベッドでいつも二人で聞いてたんです。


新しい母には遠慮もしたし、

やっぱり反発もあった。

その母が昔、隣の部屋で酒を飲みながら

『うちの子はこの子(弟)だけや……』

って言うのが壁伝いに聞こえてきたんですよ。





記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼