父親が危篤で帰らないといけなくなったとき、お金を貸してくれた先輩に一週間後お金を返そうとしたら先輩がなくなっていた。

tsuyoshi-18_TP_V

 Majic restaurant People's storyを いいねして
最新情報をGET!




上京してた大学のころ、
父が危篤で帰らないといけなくなった。

苦学生とまではいかなかったけど、
給料日直前でお金がなくて、
仕方なく寮の先輩に理由を話してお金を借りた。

一万円で足りたのに、
先輩は念のためと三万円貸してくれた。

それから父が逝去、
一週間程実家で過ごして大学に戻ったら
その一週間の間に先輩が
交通事故で亡くなってたことを知った。

当時は携帯を持ってた学生はまばらで、
回りはあまり持ってなかったし、
こっちはこっちで父が亡くなってたから
同期は遠慮して電話してこず、
知る由もなかった。

葬式なんかもとっくに終わってたけど、
お世話になってたし線香あげるついでに
お金を親御さんに返しに行った。

俺がお金を借りてたことを親御さんは知らなかって
説明したら烈火のごとく怒り狂ってしまった。


↓ 記事の続きはこちら! ↓



記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼