知人「ご祝儀少なくない?」私「すみません。お祝いと思って色々作ったけど、30万請求するね」→結果!

スクリーンショット 2017-01-13 19.18.19

 Majic restaurant People's storyを いいねして
最新情報をGET!






知人女性が先日結婚した。

御年46才初婚。

ちなみに相手は1つ年上のバツイチ。

彼女のいとこと仲良くさせていただいたため、
結婚式におよばれしたがその内容に唖然とした。

デブス(塚地似・46)による4回のお色直し、
キャンドルサービスにシャンパンタワー、
倒れそうにそびえ立つケーキに入刀。


まあそこまでなら
「結婚式、夢だったんだね…」
と微笑ましくもある(ある意味泣ける)が、
後日届いたLINEがスレタイ。

「私子ちゃん、お祝いが少ないんじゃないかな?
5万円しか入ってなかったんだけど」

え??? プロフィールムービーとウェルカムボード、
ペーパーアイテムつくらせといてギャラなしなのに?

引き出物は3000円相当のカタログと
1000円のバームクーヘンだったよね?


それでもお祝いごとなのでと
奥歯を噛みしめていたんだが?

「塚地ちゃんごめんね、
いろんな作り物がお祝い代わりのつもりだったの。
本来なら30万はかかるから(私子はプロのデザイナー)、
制作料の請求は改めてご新居に送ればいいかしら?」

と返したら即電話してきてファビョられた。



↓ 記事の続きはこちら! ↓



記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼