美少女JKが罰ゲームでイケてない男子に告白することに。告白して成功した結果。涙の結末に

tsj93_kokuhakujk20150208100556_tp_v1

 (株)エンタメを いいねして
最新情報をGET!




学校 (月)(6/29)

女「うぅ、負けちゃった」

女友「やった!」

女「今月も勝てると思ったのになぁ」

女友「連敗は避けたかったからね」

女「で、何でしょうか」

女友「罰ゲームは一回も話したことない人に告白!」

女「えぇ…罰ゲームで告白…?」

女友「負けたんだからしょうがないでしょ」

女「うーん。他の人巻き込むタイプのはやめようよ」

女友「いやだ。バンジージャンプの借りはこうでもしなきゃ返せない」

女「でも…」

女友「言い訳無用。誰かひとりくらいいるんでしょ」

女「…………あの人、かなぁ」ジー

女友「(ここで男君を引き当てるとは…)」

女友「あぁ男君ね」

女友「ってことで放課後にレッツゴー」

女「え、今日?」

女友「善は急げって言うでしょ?」ニヤニヤ

女「ひいき目に見ても善じゃないよ」

女友「(噂で聞いてたけど男君ってたしか)」

女友「(この子のこと好きだって言ってたよね)」

女友「あいつのこと正直どー思う?」

女「わざわざ聞かないでよ」

女友「暗くて冴えなくて、生理的に無理でもある?」

女「……言ってないよそんなこと」

女「それに、普通に振られるかもしれないし」

女友「んじゃ、振られたらそれで罰ゲーム終わりにしてあげる」

女「…わかった」

女友「(ま、振られるわけないけど)」

放課後

男「zzz」

女「寝てる…」

女「ね、ねぇ」

男「……ん」ゴシゴシ

男「!」

男「(ひょえ!天使!)」

男「(近くで見てもかわいい!)」

男「お、俺…?」キョロキョロ

女「(あ、名前…名前なんだっけ…)」

女「き、君しかいないよ」

男「あ、そ、そうだな」

男「それで、女さんが何用…?」

女「…………私と付き合ってほしいなー、なんて」

男「(こ、告白告白告白された!)」

男「え、なに、え、どゆこと」

女「はやく」

男「?」

女「返事!」

男「ひっ…」ビクッ

女「……」

男「お、俺なんかでよければ…」

男「え、えっと、こちらこそよろしくお願いします!!!」

女「返事がうるさいなぁ」

男「ご、ごめんなひゃい」

女「(…びくびくしすぎじゃない?)」

女宅

女「もしもし」

女友「あいよ」

女「ねぇこれからどうすればいいの?」

女友「ん?なにが?」

女「女友ちゃんが罰ゲーム考えたんでしょ!」

女友「はっはっは」

女「……」

女友「じゃあ2週間恋人で。その後は交際を続けても良し。きっぱり別れるも良し」

女「交際続けるわけないよ」

女友「どうだろーね」

女「でもなんか2週間って長くない?せめて3日とか…」

女友「……ぐちぐちうっさい」

女「!」

女友「私が何回バンジージャンプ飛ばされたか覚えてる?」

女「え、えーと3回くらい…だっけ?」

女友「32回」

女「……はは」

女友「32回」

女「……」

女友「普通に飛んでたら貯金全部飛んでくよ」

女「女友ちゃんうまい!」

女友「チッ」

女「!」

女友「まぁあんたにフリーパス買ってもらってたから私はいいんだけど」

女「一日飛び放題券は格安だったね」

女友「……」イラッ

女友「飛んだ合計距離わかる?スカイツリー超えよ」

女「あ、気付いたんだ。そこちょうど狙ってたんだ」

女友「(こいつ…)」

女友「最低5回はデートすること」

女「えぇ…そっちの条件もあるの?」

女友「……ふーん」カタカタ

女「…………」

女友「…………」カタカタ

女「お、女友ちゃん……キーボード打つ音しか聞こえないけど」

女友「エベレストの高さが8848mで日本一のバンジーがこの高さだから…」

女「(恐ろしい想像してる!)」

女「やります」

女友「え、何が?89回飛んでくれるだけでもいいんだけど…」

女「デート5回させていただきます」

女友「よろしい。最低だから増やしてもいいよ」

女「(最低って…)」

女「(増やすわけないのに…)」

女友「罰ゲームってバレたらもっかい違う罰受けてもらうから」

女「……う、うん」

女友「よろしい。じゃおやすみ」

女「……おやすみ」

ガチャ

女「5回もデートなんて…」

女「でも違う罰は嫌だし…」

女「がんばって演技しなきゃ」

女「…………」

女「…………」

女「スカイツリーはやりすぎたかな」

女「通天閣くらいにしておけば…」
男宅

男「聞いてくれよ」

妹「?」

男「今日さ!」

男「聞いてくれよ!」

妹「いや聞いてるよ」

男「うひょー」

妹「え?」

男「とりあえず聞いてくれよ!」

妹「浮かれてるのはわかったって」

男「なんと!」

男「今日!」

男「初めて!」

男「告白されました!」

妹「(あ、罰ゲームか)」

妹「ふーん」

男「なんだその反応は」

妹「だって…」

男「?」

妹「(まぁいいか)」

妹「どんな人なの?」

男「かわいくてーかわいくてー」

妹「写メは?」

男「いや、ないよ」

妹「え?」

男「そーいや連絡先も交換してないな」

妹「どやって告白されたの?」

男「今まで話したことなかったんだけど」

男「放課後に付き合ってくれって言われた」

妹「(あちゃー)」

妹「…………んで?」

男「動揺しつつも平静装って華麗にOKした」

妹「(嘘だな。慌てまくって噛みまくったに違いない)」

妹「よかったね」パチパチ

男「やる気ない拍手だな」

妹「(程度の低いイタズラする人もいるのね)」

妹「(ってか罰ゲームで告白ってなんか古いし…)」

妹「…………」

妹「(まさか本当に奥ゆかしい子が告白したとか…)」

男「俺の想いが届いたんだな」

男「今日はご馳走つくってやるぜ」

男「ふひひ」

妹「…………」

妹「(ないな)」

妹「ありがと。私も手伝うよ」

一時間後

男「いやーうまかった」

妹「そだね。ごったま」

男「…………」

妹「…………」

男「なぁ」

妹「…………」

男「妹もおかしいと思う?」

妹「……………………」

妹「……………………」コクン

男「やっぱそーか。そりゃそうだよなー」

妹「……あー、あのさ、なんて言っていいか分かんないけど」

妹「もう全部忘れちゃってもいいんじゃない?」

男「俺さ、好きだったんだよ」

妹「(うわぁ、きっついパターン)」

男「過去形なのは言葉の綾というか」

男「今も好きなんだけど」

妹「…………」

男「しんみりさせて悪いな」

妹「恥ずかしいかもだけど、泣いていいよ」

男「はは、さすがにそれは…」

妹「ほんとに」

男「……ちょっと洗い物する」

妹「私も手伝おうか?」

男「どんだけ泣いてるとこ見たいんだ」

妹「うそうそ。私がやっとくから部屋戻りなよ」

男「……助かる」

男「明日には、引くほど元気になってるから安心してくれ」

妹「(兄さんの性格を考えると、多分……)」

翌朝 男宅 (火) (6/30)

男「……」ガチャ

妹「……んかえり」ゴシゴシ

男「ここで寝てたのか?」

妹「まぁそんな感じ」

男「どうしたんだよ」

男「罰ゲームで告白されて落ち込んでるのか?」

妹「それは兄者でしょうが」

男「そうだった」

妹「……もう平気なの?」

男「自虐できるくらいには」

妹「うんうん、一安心」

男「……んで、相談なんだけど」

妹「好きになってもらいたい、と」

男「さすが妹」

妹「じゃあ無駄じゃなかったってことだよね」

男「何が?」

妹「こうやって朝まで作戦練ってたんだから」

男「え、まじで?」

妹「まじで。たぶん惚れさせたいとかふざけた言うと思ったから」

妹「どうやって攻略しようかと考えてたわけ」

妹「……途中で寝ちゃってたみたいだし」

妹「現段階じゃ余りに情報が少なすぎて」

妹「作戦なんて具体的には立てられなかったんだけど」

男「気持ちだけでうれしいよ」

妹「感謝するのは全部終わってからじゃない?」
男「…………」

妹「んで、疲れてるとこ悪いんだけど」

妹「聞きたいことあるんだよね」

男「何?」

妹「その人って、兄上が好きなこと知ってるの?」

男「女さんには知られてないと思う」

妹「(女さんね、ふむふむ)」

妹「結構重要なとこなんだけどね」

妹「これで、罰の意味合いが大きく変わってくるし」

男「たしかにそうだな」

妹「(知られてないってことは本当に偶然か……周りからの差し込みか……)」

妹「まぁいいや。知らないってことで仮定しよう」

妹「その女さんって人は金髪ツインテの高飛車系ツンデレお嬢様みたいな人?」

男「……そんな人いないよ」

妹「なんてこったい」

男「どうした」

妹「そういう系統なら」

妹「テンプレ通りに攻略しようと思ってたんだけど」

男「そんな感じではないな」

妹「……兄上はより険しい道を歩まざるを得なくなったぞ」

男「(読んだんだな)」

妹「てか罰ゲームって気づいてたんなら、家帰ってきた時のあの演技は何だったのよ」

男「一応告白されたんだから喜んどこうと思って」

妹「(切ねぇ…)」

男「罰ゲームだろうがなんだろうが告白なんてこれからされるとは思わないし」

妹「ほえー。モテないのか」

男「暗いし冴えないし」

妹「生理的に無理でもある、と」

男「いやまさかそこまで……」

妹「…………」

男「ありえるな」

妹「分かんないけどね」

男「妹の前だと普通の状態でいられるんだけど」

妹「(……着ぐるみ作戦が使えるな)」

妹「なるほど」

妹「たった二人の家族だもんねー」

男「そうだな」

妹「あ、そうだ。ひとつ約束してほしいことがあるんだよね」

男「?」

妹「お小遣いは月15000円のままだから」

男「当然だよな」

妹「もちろん」

妹「大切なバイト代は大切に使っていかないと」

男「ですよね」
男「でもこういうのって美容院行ってかっこよくなって」

男「イメチェンしてかっこよくなって」

男「実は妹も俺にドキドキなんかしたりして」

妹「…………」

男「三角関係から生まれる泥沼の…」

妹「…………」

男「沈黙が怖いんですが」

妹「今月の15000円は脳みその治療費に消ゆ、と」

男「病院代もお小遣いからですか。ってか今のはジョークです」

妹「……ジョークも冴えない、と」

男「…………」

男「まぁたしかに、家計を圧迫しても得なんてないか」

妹「全部が無駄とは思わないんだけどね」

妹「上限は決めとかないとさ」

男「金銭感覚も俺よりよっぽどしっかりしてるな」

妹「どもども」

男「いい奥さんになれるよ」

妹「…………」

男「?」

妹「(フィクションじゃないんだから、こんな言葉でリアル妹は堕とせないけど…)」

妹「(天然ジゴロの才があるのかも…?)」

妹「(でもわざわざ伝えても良い結果にはならないだろうし)」

妹「(でもでも女さんの前で披露してくれないと意味ないし…)」

妹「ってかどうでもいいけど死語だよね」

男「?」

妹「たぶん罰ゲームならデートとかも誘ってくると思うの」

妹「錯覚使って好感度上げてこ」

男「錯覚て」

妹「なんでも使ってかなきゃ攻略できないの」

男「……」

妹「落ち込むな。私がいる」

男「頼もしい」

妹「チャレンジャー号に乗った気分でいてよ」

男「え、それ爆発したやつじゃ…」

妹「空中分解じゃなかったっけ?」

男「…………」

妹「はい、これ貸してあげる」スッ

男「万札?」

妹「何があるか分かんないからね。足りなくなるのは一番避けたいところ」

男「ありがとう」

妹「いやいや、こっちがありがとうだよ」

男「え?」

妹「30倍返しだから」

男「遠慮しておきます」スッ

妹「うそうそ。いつか返してくれりゃいいから」

男「……ありがとう」

男「好きになってもらえるように全力で努力する」

妹「まずは臆せず話せるようになるところからだけどね」

男「そうだな」

妹「ま、私に任せんしゃい」

妹「……モテる男には2種類いる」

男「急にどしたの」

妹「ノってんだから遮らないでよ」プンスコ

男「すんません」

妹「……モテる男には2種類いる」

男「(そっからやるんだ)」

妹「何もしなくても天性だけでモテる奴と…」

妹「努力して努力して努力してモテる奴よ」

妹「後者になればいいの」

男「……なるほど」

妹「人は熱意で堕とせる」

男「そんな、カワイイはつくれるみたいな言い方…」

学校 放課後

女「ねぇ…」

男「な、なに?」

女「明日デートしたいなー」

男「ひょえ!」

女「だめ?」

男「ふひひ…」

女「返事くらいしてほしいな」

男「あ、あの、はい」

男「おねがいします」

女「ん。ありがと」

女「どこ行きたい?」

男「え、映画とか…」

夕方 男宅

妹「映画デートて、彼氏力はマイナスか?」

男「もしかしなくてもだめですか」

妹「喋らずして堕とすテクニックなんかもってないでしょ」

男「で、でも感想とか話し合ったり」

妹「罰ゲームのデートでそこまで付き合ってくれないよ。たぶんだけど」

男「たしかに」

妹「(手ぐらい握れば…いや危ういな…)」

妹「まぁ違う方向からでも攻められる」

妹「女さんって仲良い人とかグループとかいるよね?」

男「うん。いたと思う」

妹「ちょろい方から叩くしかない」

妹「でもそれは一回目のデートの後。まずは……」

……

妹「(こんなに早くデートに誘ってくるなんて…)」

妹「(読めなかった私のミスだ)」

妹「(もしかして)」

妹「(デートの回数も条件に入ってるんじゃ…)」

翌日 デート 1回目 (水)(7/1)

男「……」ドキドキ

女「なにそわそわしてるの?」

男「付き合うなんて初めてだからどうやってデートすればいいかわかんなくて…」

女「(ほんと面倒…)」

女「はぁ…」

男「(え、た、ため息…?)」

女「(あ、やばいやばい。ちゃんと演技しなきゃ…)」

女「(バレてないのかな?)」

男「……」

女「映画行こうよ。満員なっちゃう」

男「そ、そうだな」

女「…………」

女「(でもあんまりベタベタしすぎると別れるタイミングが…)」

女「(そもそも、ベタベタなんかしたくもないけど)」

……

男「何観ようか」

女「んーと」

男「アクション、アニメ」

女「SF、コメディ」

男「色々やってるな」

女「(別になんでもいいや)」

鑑賞中

男「(よし、学園ラブコメでオッケーもらった)」

女「(学園ラブコメね)」

女「(キライじゃないけどなぁ…)」

女「(あ、好きな俳優でてる!)」

女「(これに出てたんだぁ…ふふ)」

女「(かっこいいなー)」

女「(テスト前でチェック甘くなってたのかも)」ニコニコ

女「(まぁ大して勉強してないんだけど)」

男「(楽しそうにしてる。ほんとよかった)」

男「(罰ゲームのデートで喜ぶなんて情けないけど)」

男「(好きだから仕方ない)」

男「ふひひ」

女「(なんか笑ってるし……好きな女優でもいたのかな?)」

……

男「泣けたな」

女「そう?」

女「でもあの人出てたから満足」

男「好きな俳優とかいたの?」

女「うん。あの浮気されちゃった先生」

男「……………………」

女「?」

男「そうなんだ。一期前の連ドラも出てたよな」

女「へー、知ってるの?」

男「うん。ありゃ同性から見てもかっこいいよ」

女「わかってくれる人がいるとは…」

男「今の感じもいいけど昔のコメディっぽい雰囲気の方も好きでさー」

女「あ、私も好き!」

一時間後

女「あ、そろそろ私帰らなきゃ」

男「わかった。家まで送らせてくれる?」

女「……ううん。いいよ。大丈夫だから」

男「そうか。じゃあ駅まで歩こうか」

女「あ、ちょっと待って。これ被んなきゃ」

男「そんなの持ってきてたんだ」

女「好きなの」

男「流行のキャップ女子ってやつか」

女「………………」

男「…どした?」

女「(……そんなミーハーじゃないのに)」

女「……」

男「(落ちつけ…どの言葉で地雷を踏んだかくらいわかるんだ…)」

男「つ、次のデートで帽子買うから機嫌直してよ」

夜 男宅

男「ただいま」

妹「おかえり。ご飯できてるから」

男「さんきゅー」

……

妹「次の約束もできたんだ」

男「誘う時は緊張したけどな」

妹「作戦は成功した?」

男「成功した、と思いたい」

男「特に、女さんを女さんの着ぐるみを被った妹だと信じ込もう作戦はよかった」

妹「ふむ。じゃあ、行く予定の劇場で上映してる作品のキャストの情報丸暗記作戦は?」

男「労力の割にリターンが少ないように思った」

妹「きっとそんなことないよ」

妹「緊張せず、会話も途切れず、次のデートの予定も組めたなら上出来」

男「地雷踏まなきゃなぁ…」

妹「んー」

妹「本気で怒ってるわけじゃないと思うし」

妹「次のに繋げられたんなら良しとしよう」

男「そう言ってもらえると安心」

……

妹「(さて、今日聞いた情報から作戦構築してかなきゃ)」

妹「(……兄さんは勉強できるからそれも使いたいんだよね)」

妹「…………」

妹「(いや、兄さんも…だよね)」

妹「(私も勉強はトップだし)」

妹「(……っていうかトップじゃないと困るんだ)」

妹「…………」

妹「(姉上に心配かけさせるのもよくないし)」

女宅

女「(あっさり次のデートの約束しちゃったなぁ)」

女「(……でもまぁいいよね)」

女「(はやく5回済むんならそれでも…)」

ピリリリ

女「(女友ちゃんからだ)」

ガチャ

女「もしもし」

女友「どーだった?」ニヤニヤ

女「いきなり何なの」

女友「だってだってデートしてきたんでしょ」

女「まぁ…」

女友「あ、あと言い忘れてたけど」

女「?」

女友「5回デートしなきゃ2週間経ってても交際続けなきゃダメだからね」

女「わかってる」

女友「それならいいんだけどさ」

女「……」

女友「でさ、感想は?」

女友「惚れちゃったりした?」

女「……何言ってるの?」

女友「もー」

女友「そんなに怖いと魅力半減しちゃうよ」

女「……私、デートの予定立てるのに忙しいから切るね」

女友「え、もしかしてもしかしてやっぱり惚れ」

女「おやすみ!」

ガチャッ

女「(告白したのが月曜日…)」

女「(金曜日に買い物。土日は一回デートしたいな)」

女「(それでやっと三回目が終わり……)」

女「(いっぱい予定詰めてデートして、すぐに振っても別に不自然じゃないよね…?)」

女「(今日も随分と眠たそうにしてたけど、何か理由あるのかな)」

女「うーん」

女「(まぁ関係ないし、はやく終わらせたい…)」

女「あ」

女「いいこと考えた。何回もデートするうちに友達としての気持ちの方が強い」

女「ってことに気が付いた……って理由ならなんとなくいけそうかも」

女「…………」

女「(今日のデート…)」

女「(4時間くらい一緒にいたけど特に何も思わなかった)」

女「…………ん?」

女「何も、思わなかった?」

女「(告白した時は、もっとおどおどしてたり)」

女「(びくびくしてる印象しかなかったような…)」

翌日 帰宅路 (木)(7/2)

男「(今はひとりみたいだな……ってこれじゃストーカーだ)」スタスタ

男「女友さん」

女友「!」

女友「お、男君、偶然だね」

男「ちょっといいかな」

女友「(まさか…)」

女友「どうしたの?」

男「…………」キョロキョロ

男「(誰もいないな)」

男「ありがとう!」ガシッ

女友「!」

女友「手、手が…」

男「俺うれしいよ」

女友「な、何が…とりあえず手離して…」

男「あぁごめんごめん」

男「ちょっとの間だけでも俺に夢を見させてくれてるから感謝したくて」

女友「(……もしかして)」

男「こんなの取引条件になるか分かんないけどさ…」

男「すっごい丁寧に勉強教えてテストの成績上げるから、頼む!」

男「情報をください!」

女友「え、情報…?」

男「ダメか?」

女友「え、そ、それって、その…」

男「ん?もちろん罰ゲームの話だけど」

女友「(や、やっぱり)」

女友「ご、ごめんなさい!ほんと軽い気持ちでこんなことしちゃって」

男「……………………」

男「いいよいいよ、謝んなくても。さっきも言ったけど俺うれしくてさ…」

男「……俺が前から好きってことがバレてるんなら」

男「からかわれてるみたいでイヤだったけど」

女友「う、ううん。あの子はその事知らないみたいだから」

男「そっか。よかった…」

男「で、さっきの話だけどいいかな?」

女友「で、でも情報なんて私…」

女友「あ、いつまで、ば、罰ゲーム…するとか?」

男「それも聞きたいけど」

男「提案したのは誰なのか気になって」

女友「……」

男「口止めされてる?」

女友「あ、いや、えっと…そんなことは…」

女友「……わ、私が、その…」


↓ 記事の続きはこちら! ↓



記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼