「触られるのも嫌。外で女作って いいから。家計を維持してくれたら。」 旦那にこう言い放った専業主婦の末路!

pa151026164012_tp_v

 Majic restaurant People's storyを いいねして
最新情報をGET!




私は、専業主婦ってある種の人達がなるものだと思ってた。

まず、実家が裕福でバックアップ体制万全の人。

本質的に働く必要がなく実家円満、家計に十分貢献できる。

それから、パーフェクトな本物の「主婦」。

複数人の子供を産みきちんと躾けて家事料理に人付き合い、
夫のフォローまでこなす、家庭における事実上のリーダー。

それ以外での専業主婦は、国家資格持ちや職歴十分など、
いざとなったら働けるけど現状その必要がない、あるいは
幼児がいる、要介護者がいる、本人が病気療養中など
働ける状況ではない…という人達だと思ってた。

上記が絶対!!強く主張します!!って言うんじゃなくて、
まあなんとなくそんな感じかなーと思ってたって位なんだけど。

完全に夫一人の収入しか無いならば、夫に見捨てられたら
終わりだよね。それはかなり不安なんじゃないのかなーって。

専業主婦としてとても有能ならその心配はないだろうけどさ。

もちろん男女関係なく、専業主夫でも。

ちなみに私はやりたい仕事に就けたので結婚出産後も働いている。

実母は専業主婦だけど親から継いだ不労所得で月額40万入る。

だからそんなもんかなと思ってた。


↓ 記事の続きはこちら! ↓



記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼