「ここで終わりや」認知症の母を殺害した息子。裁判官も涙した殺害理由とは

tsu863_akumademo_tp_v1

 (株)エンタメを いいねして
最新情報をGET!




片桐被告が「すまんな」と謝ると、母は

「こっちに来い」と呼び、

片桐被告が母の額にくっつけると、

母は「康晴はわしの子や。

わしがやったる」と言った。

この言葉を聞いて、

片桐被告は殺害を決意。

母の首を絞めて殺し、

自分も包丁で首を切って自殺を図った。

冒頭陳述の間、




記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼