「ここで終わりや」認知症の母を殺害した息子。裁判官も涙した殺害理由とは

tsu863_akumademo_tp_v1

 (株)エンタメを いいねして
最新情報をGET!




デイケア費やアパート代が払えなくなり、

06年1月31日に心中を決意した。

最後の親孝行に片桐被告はこの日、

車椅子の母を連れて京都市内を観光し、

2月1日早朝、

同市伏見区桂川河川敷の遊歩道で「もう生きられへん。

此処で終わりやで。」

などと言うと、母は

「そうか、あかんか。

康晴、一緒やで」と答えた。




記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼