暇な花屋に押しかけバイトに来た女子高生2人が結婚することになったのでそれぞれ3万本の花束を送った結果!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-27-16-01-20

 Majic restaurantを いいねして
最新情報をGET!






俺は花屋の三代目。

暇と花を売ってる。

バイトなんか雇うなんて出来ない零細店舗

中学生の職業体験を受け入れることになった。

女の子が二人割り当てされたがする事ない。

真面目な二人は、掃除なんか頑張ってくれた。

ニコニコ笑顔で接客する姿勢は好感が持てた。


数日のお手伝いだか、
花束の作り方を教えたりして売れ残り花をあげたりした。

好きな人にプレゼントしなよとか囃し立てからかった。

それから、一年後に
高校生になった所でアルバイトをしたいと相談しにきたが
給料払える程忙しくもないし
諦めてもらうために早朝の仕入や、
葬式の納品だったりと華やかな仕事でないことを
水仕事、手や腕は傷だらけになることを教えた。


二人の女子高校生は、それでもやりたいと言ってきたが
お小遣い程度の給料しか払えないことを理解してもらい、
学業に差し支えない程度に働くことになった。

二人とも大学卒業までの7年定休日以外は
ほぼ毎日交代で店番をやってくれた。

それから、彼女らは同じ時期に結婚をする事になったと
報告と招待をしたいとの事だった。



↓ 記事の続きはこちら! ↓



記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼