【涙腺崩壊】罰ゲームで障がい者と付き合うことになった結果。今でも忘れられない

imarib20160807544816_tp_v1

 (株)エンタメを いいねして
最新情報をGET!




大「付き合うというのは友達としてですか」

私「恋人としてです」

大「また罰ゲームですか…ご迷惑かけてすみせん」

と言われて深々とあたまを下げられたんです

すごい悲しい目をしてて、なんか大池が悪くないのに何謝ってんだろうとか
悲しくなりました
大池がそういうこと言ってるのがすごい衝撃的で
今までどういう気持ちで罰ゲームの対象になってきたんだろうとか色々考えてるうちに昼ごはんの時間
お昼は二人で食堂で食べました
周りからの視線がすごいのと、二人での空気が気まずくてごはんもまずかったです

ただ大池の弁当がすごい色々貧しかったです

ごはんと、冷凍食品らしいハンバーグが二つだけ
またまた衝撃をうけた
でも、大池とこうやって周りから色々言われながらもごはん食べなきゃいけないことに非常にムカついてました
今思えば大池が一番被害者なんですけどね…大池の呼び方があまりにもそっけなくて慣れないので呼び方変えようと思います

ガンダムが好きでいつもアムロのモノマネしてたのでアムロとします

実際もアムロと読んだりしてたので
ごはん食べてる時はずっと申し訳なそうにごめんなさいを連呼してました

だんだんアムロにも周りにもイライラがピークになって

アムロに酷く当たってしまったんですウザいとか黙れとか言いまくってて

アムロはごめんなさいの繰り返し
何も悪くないのに、申し訳なかったです
帰りも一緒に帰って知ったことが
家が結構ちかくて
自宅に帰る道のりにアムロのうちがありました

一戸建ての古い家でした
二人とも無言で、その日は終わり

朝はどこで待ってればいいかわかんなくて、とりあえず7時半に家の外に待ってたらアムロがでてきた

ア「待っててくれたんだありがとうごめんなさい、おはよう」
とにかく訳わからないまま一気にいってきて
面白くて笑っちゃった
笑ったら一気にアムロの緊張が解けたのかアムロが話し始めた

ア「本当にごめんなさい、僕のせいで朝から昼と、帰りも嫌な思いして。僕がこうだから1さんにすごい迷惑かけちゃって、待ってくれなくても大丈夫ですよ…」

言われてハッとした
本当にアムロが嫌だったら罰ゲームをバックれることもできたのに、本気で嫌な訳じゃないんだなと思った
昨日の酷く当たった事を後悔した
私「本当に嫌だったら、罰ゲームとかやってないから、あんたも悪くないのにそんなにペコペコしてんなよみっともない」

ア「すみません…」

私「私も昨日ごめん、酷いこと言って」

ア「いいえ、いくら罰ゲームでも普通に喋ってくれて嬉しかったです。お昼も始めて先生以外の人と食べたのでetc」

こんな内容です、よく聞き取れなかったり、曖昧な部分も多いんですけど
普通だったということを伝えると
お前から色々仕掛けろよとか

そしたらいきなり叫び声が聞こえて、なにかと思ったらアムロ
怒鳴り散らしてました


↓ 記事の続きはこちら! ↓



記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼