妊娠中の母親を階段から落としたと責められる三歳児。しかし、真犯人を知り気分が悪くなった

gahag-0090421628-2

 (株)エンタメを いいねして
最新情報をGET!






私は生まれてからしばらく、ひどい喘息で体が弱かった。

まだ言葉も話せなかった頃から、熱に浮かされ咳が止まらず、苦しくて泣いていた記憶がある。

私が3歳になったころ、母が妊娠してお腹がとても大きくなっていた。

そして8月の暑い日、母と私と買い物して帰っていた。

私はご機嫌でスキップして、母と手を繋いで歩いてた。


いつも降りている長い階段につき、母を見上げた次の瞬間、隣で母がふっとんだ。

母は私の手を離して、階段で転げ落ちてお腹の赤ちゃんが亡くなった。

私は声も出ずぼうぜんとした。感情がついていかなかったのを鮮明に覚えてる。

偶然その場に近所に住む3歳年上の女の子のたーちゃんがいて、

たーちゃんがその時のできごとを見ていたと証言した。



↓ 記事の続きはこちら! ↓



記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼