研究で村おこしを手伝うことになったんだが、住民の頭が硬すぎて崩壊した。。。

ookawa151107168050_tp_v

 Majic restaurantを いいねして
最新情報をGET!






大学の研究の一環として、
辺境の田舎の村・町起こしを手伝っていたんだど、
途中で教授がやむを得ない事情でやめてから歯車が狂いだした

まず、若者を呼びこもうってことになったはいいが、
こちらが面接までして募集した優良物件をダメダメ~とゴネる老人たち


住民たちが推薦してるのは40にもなってブンガクに勤しむただのフリーター

そんなのをカネ出して勉強させて村の公務員にしようとしてるらしい。

こちらとしても、わざわざ都会から引き抜いてきた人材をムダにするわけにいかず、
そのまま試験を受けさせた

当然、40代のクズが受かるわけもなく、こちらが用意した候補が役所に雇われた

これが我々大学側と住民側の決定的な亀裂の原因になった。


というのも、役場の募集なんて村を出て行った家族が帰ってこれる
唯一と言っていい機会で、
40代のブンガク者は90歳くらいの農家のジジイの子供らしい

介護とか、いろいろ期待していたのに
よそ者がその機会を奪ったと誤解されて決定的ん分裂



↓ 記事の続きはこちら! ↓



記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼