「お前はいつ死ぬの?」冗談を言わない両親に異変が。助けを求め家出し、返ると両親の体が・・・

irezumi

 (株)エンタメを いいねして
最新情報をGET!






狂った家族

今からお話しするのは自分の実体験で、

なんていうか…まだ終わっていないというか…

とりあえずお話しします。

自分は23歳の男で、実家暮らしの介護士です。

家族は父(52)、母(44)、弟(18)の4人家族で、弟はこの春から就職のため一人暮らしを始める予定で、

その日も夕食後、居間で父、母、俺でTVを見ながら、

「弟の家はどこにする?」や、「一人暮らしで必要は物は?」など話しており、

弟は自室(弟と自分は同じ部屋)で、就職に関する支度(?)をしていた。

TVは確か『なんでも鑑定団』を見ていたと思う。

ザザ…ザザザザ……

不意にTVにノイズが入った。


すぐにおさまったので、俺は気にせずTVを見続けながら、

「……んでさぁ」と、話しを進めていたんだが、

両親に目線を移すと、ある異変に気付いた。

両親が口を半開きにして、何かに驚いたように目を全開に見開きTVを見ていた。

「!!……え!?…何!?なしたの!?」

自分は、今まで見たことのない両親の顔に動揺しながら聞いた。



↓ 記事の続きはこちら! ↓



記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼