余命3ヶ月と宣告された母親。子どもの卒業式までもたない。母親がとった行動とは

lgf01d201309161900

 (株)エンタメを いいねして
最新情報をGET!






僕が看取った患者さんに

スキルス胃がんに罹った

女性の方がいました。
 
 
余命3か月と診断され

彼女は諏訪中央病院の

緩和ケア病棟にやってきました。
 
 
ある日、病室のベランダで

お茶を飲みながら話していると

彼女がこう言ったんです。
 


 
「先生、助からないのは
 
 もう分かっています。
 
 
 だけど、少しだけ

 長生きをさせてください」
 
 
彼女はその時、42歳ですからね。
 
 
そりゃそうだろうなと

思いながらも返事に困って



↓ 記事の続きはこちら! ↓



記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼